琴浦さん最終話を、ニコニコで見ました!



取り急ぎ感想を! 感動を! 綴っておきます!



真のラスボスは、おかあさまではなく、真鍋その人だった琴浦さん。

よく戦い抜いたぞ! よしよしよし!



毎度お馴染みだった真鍋のエロス妄想、そのラストが、ガチで

もり×ことだった件について拍手喝采。

あと、MANABEのMはマゾのMである可能性が濃厚な件について、同様に拍手喝采。



御舟部長は、琴浦さんのおかげで、ひと皮むけることができたみたいです。よかったね部長。

あとはどうにかして副部長を篭絡してください。

大丈夫! 読心能力を持つ超能力者があなたの味方なんですから!!



室戸副部長…名言キタコレ。「まあ、幼馴染だしねえ」。

先週の、あの王子スマイルのあと、そんなことを部長に言ってやがったんですね。

…ますます惚れ直しました(笑)。

例えば、作中の真鍋の名言に、

ピンチに陥った琴浦さんをかばい、その理由を追求されての一言、

「好きだからだ、文句あるか!」

というのがありますが、そんな感じで、

ピンチに陥った御舟部長をかばい、その理由を追求されて一言、

「幼馴染だからだよ、何か文句でも?」

と、ビシッと言う…とか、そんなシーンが見たい!

「御舟百合子の幼馴染」というのは、先輩の最も重要なアイデンティティなんでしょうね。

だから、先輩の部長に対する「幼馴染」という認識には、恋はないけど愛があるのです!



そして最後に。

森谷さん! 琴浦さんを幸せにできるのは、やっぱりあなたしかいないよ!

琴浦さんの「恋人」は真鍋なわけですが、森谷さんは「親友」です。

自他共に認める琴浦さんの親友になった彼女。

その「親友っぷり」は、素晴らしいのひとことです。決して恋人真鍋に引けをとりません。

優しくもか弱い琴浦さんのスタンドとして真鍋に鉄拳を食わせ、

琴浦さんを貶めていた級友たちに改心させ、

琴浦さんの読心能力で慢心しかけていた真鍋に愛の告白をさせ…

そして、新ESP研の主力のひとりとして、琴浦さんを弄るための謀略を練る(笑)。

琴浦さんは末永く爆発しろ! もちろん森谷さんとね!!



さあ、この熱い思いを抱えて、

本日は琴浦さんオンリー同人誌即売会「エロスな妄想禁止!」参加いたしますよ!

新刊間に合ってホントよかった!!!