4/28(日)のCOMIC1☆7、申し込み完了しました!

今回はキルミーではなく、『琴浦さん』で申し込みました。

サークルカットはこんな。

comic1_7.jpg

アニメの第2話を見ましたら、めちゃくちゃ面白くて、原作を調べたら、

うれしいことに、4コママンガだったんです!


これは、春の新刊はこれにするしかない! と思い、


たった今現在から琴浦さんの漫画を構想し始めたところです。


 


COMIC1☆7は、イベント申し込みの締め切りがまさに今日なんですが、

そんなドタンバでの決断です。


それだけ、『琴浦さん』の2話に感動しました!


 


私の場合、たいていの作品は、


「ああ、このキャラみたいになりたいなあ」


と思いながら、キャラへの憧れを持って楽しむのですが

(キルミーの場合は、やすなです。)、


『琴浦さん』の場合、そういう楽しみ方がちょっとしにくいんです。


例えば、『琴浦さん』第一話の回想で、


琴浦さんが、去っていこうとする友達に向かい、


「私たち、親友だよね!?」


と言うのですが、その友達は、


「ごめん、無理…」


と言うのです。


仮に『琴浦さん』の世界に私が入ったとした場合、私はせいぜいこの

「ごめん、無理…」と言った子、この子の立場が精一杯だなあ、と思うんですね。


この作品を見ていると、醜い偽善、虚栄心、

そんなものばかり抱えている自分のおろかさを、まざまざと思い知らされます。


でも、なれるものなら、真鍋くんのようになってみたい!


悲しい子だけど、強い心を持った優しい子、そんな琴浦さんに

手を差し伸べられるようになれたら、どんなにいいだろう。


と、あこがれる気持ちで見ています。


テーマに暗い部分を多く含むアニメなんですけど、清々しい作品です!


 


で、琴浦さん同人誌の発行ですが、予定では


「よんこま小町」で新刊として発行&可能であれば書店委託、


「COMIC1☆7」で東京イベント初売り、


という流れで行きたいと思います。


内容は、今のところ、ESP研究会オールキャラの4コマギャグ本になる予定です。