着々と秋の新番アニメ、チェックしております!



私のアニメ視聴スタイルは、

PS3のトルネで録画したものをPSPに移し、

通勤時間と昼休みに見る、というパターンがほとんどです。

視聴環境にこだわる方ではないので、これで結構満足。

それどころか、PSPの画面がテレビよりはるかに小さいおかげで、

PIXIVでいうところの「サムネマジック」効果が発動し、

絵の荒いアニメでもそこそこ良い絵のアニメとして楽しめてしまうのがお得です(笑)。



本日は4本見ました~。



・ジョジョの奇妙な冒険

・ToLOVEる ダークネス

・K

・絶園のテンペスト



「ToLOVEる ダークネス」、原作は読んでないのですが、すごく楽しめました!

”女の子側がハーレムを肯定、男の子側が否定”

という、男女の恋愛観が逆転しているハーレムもの。

ギャルゲー、エロゲーではかなりあるんじゃないかと思いますが、

アニメではなかなか見ないです。

多くのハーレムアニメでは、一人の男の子を好きになった複数の女の子同士のあいだに、好意的な絆(=恋愛に引けを取らない重要度を持つ関係性。多くは友情だったり、家族愛だったりです)が成立しており、

それにより、本来なら絶対起きているはずの恋愛のギスギスが発生せず、丸くおさまっている、という構図のように思います。

ところが、男女の恋愛観を逆転させることにより、

この”丸くおさめる”という部分をまるっととっぱらっているのが「ToLOVEる ダークネス」。

主人公を慕う美少女たちが、声高に「ハーレム万歳」を叫ぶアニメとなっていました。

いやあ斬新ですね。