夏季アニメが着々と終わっていきますね~…。

■アクセルワールド
春・夏と2期にわたって楽しませてくれました。
感謝です!
夏季は、能見くんに対抗する図式をとりつつ、チユとタクムとハルの幼なじみトリオにスポットをあてたクールとなりましたが、
一番印象深かったのは能見君です。
彼がハルに倒されるさまは、大方予想通りでしたが…その後にああなって、さらにあんなふうに変貌するとは。いやあ良いキャラです。
そして、最終回も終わりましたが、伏線がいくつか残ったままです。
加えて、今後のネガネビュラスの進む先をうっすら示しつつのエンディングだったことも考えると、
これはまた新作がくるぞきっと!
楽しみにしてます。

■ゆるゆり♪♪
なんだかんだで完走しました!
私は、さくひま・ひまさく、どっちも好きです。

■アルカナファミリア
これもなんだかんだで完走しました~。
全編にわたりまして光輝いておりましたのは、
フェリチータお嬢様のおみ脚でございます!
超えろかったですね!!

■はぐれ勇者の鬼畜美学
楽しかったですが、最後まで
「どこか話の焦点が定まりきってないなあ…」
という、ぼんやりとした不満は払拭されず。キャラのパーソナリティがみんな似ていて、話に起伏を感じられないのも痛かった。
ひとまずは、久城監督の次回作に期待します。明日のよいち! で見せてくれたような、勢いのあるラブコメをまたぜひ作って欲しいです。

あとは、アニメではありませんが、見始めた新番組がひとつ。

■仮面ライダーウィザード
陽気なキャラが多いのですが、どことなくダークな感じが漂う作品ですね。
主人公ハルトが仮面ライダーになった経緯がそもそも重いので、そうなるのも当然なのかもしれません。
そして重要な2点を確認しておきますよ!
1、ヒロイン・こよみちゃんが萌える!!
2、女性刑事・大門さんのオデコ出しおかっぱがまぶしい!

といったところです。
そろそろ、貧乏神が! と、じょしらくも終わってしまいますねえ。さびしいなあ。
秋の新番に期待しつつ、今季観てきた各アニメをしっかり完走していきたいと思います。