橘庵

同人サークル「橘庵(たちばなあん)」で活動している、にまるるのブログ。記事内容は、参加予定イベントや新刊の告知が中心となります。

2013年04月

「よんこま小町」へ向かう飛行機がピンチだ!!

おはようございます。
私はただいま、東京から、
大阪での同人誌即売会・四コマ漫画オンリーイベント
「よんこま小町」
にサークル参加するため、
成田空港からジェットスターの大阪行きに乗るべく、
成田の国内線搭乗ゲートにおります。
しかし、超眠いですうう!!
なぜなのかといいますと、
ジェットスターの成田←→関西空港便は、めちゃくちゃ安いのですが
その理由は、
「離陸時間が超朝早い」
ってことことなのです。
よって、当日朝、始発電車で成田に向かっても、搭乗時間に間に合わないんです!
そこで、深夜発のシャトルバスに乗って成田に向かうのですが、
そのタイムスケジュールが…
深夜1:30東京をバスで出発→
深夜3:30に成田着→
早朝6:30に成田離陸→
朝8:00に大阪着
という…
ろくに寝れない上に超早朝フライトの強行軍なのです! そりゃ眠いよね!!
でも、それをさっ引いても、ジェットスターは超安いのでがまんです。これぐらいの眠気、原稿の修羅場の強烈な睡眠不足からくる眠気に比べりゃ、すかしっぺみたいなもんですしね…。

しかし、昨日今日と、天候が荒れ気味なんですよね。
そのせいで、何かさっきからジェットスター搭乗ゲート内に、
「悪天候により万が一目的地に着陸できない場合は、成田に引き返します」
とかアナウンスが、繰り返し繰り返し、流れてますよ!?
うわあああ!!!

…もし飛行機が成田に引き返したら、そのときは残念ですが、
「よんこま小町」は欠席いたします…。
別の移動手段を講じるには、
その時点からでは時間が遅すぎると思うので。

だからたのむ、晴れろ大阪! 今すぐに!!

はたして同人サークル橘庵の、初めての関西上陸は成功するのか…
リザルトが出次第、またブログ更新します!


新刊「琴浦さんと!」の委託書店が決まりました

取り急ぎ、
春の新刊「琴浦さんと!」の委託書店が決まりましたので、お知らせします。

COMIC ZINさんと
とらのあなさんになります。

COMIC ZINさんでは今日~明日に販売開始、
とらのあなさんでは来週火~水曜あたりから販売開始となると思います。
遠方の方や、同人イベントにはあまり参加されないという方、
どうぞよろしくおねがいします。


[新作]キルその0を捏造してみた。

420円
同人一般向け 一般向けマンガ画像(JPEG)
PDF同梱
留学生としてやってきたソーニャちゃんの心を、 やすながちょっとだけ開くまでのエピソードです。

[新作]なかったことにして

525円
同人一般向け 一般向けマンガ画像(JPEG)
PDF同梱
調理実習で、わさわさする2人のお話です。 ギャグ本ですが、やすな×ソーニャの微百合風味です。

ニコニコでのキルミー全話一挙上映タイムシフト録画 見ました!

先週3/27ニコニコ動画で開催された、
アニメ「キルミーベイベー」一挙全話放映会の
タイムシフト録画、
昨晩見ました!

何度見ても良いですね、キルミーアニメ。
さらに、今回は「全話一挙放映」だったわけですが、そこがとてもキルミーアニメの特性に合っていて良かったです。
3話の中盤~4話あたりから一気に面白くなる尻上がりタイプのアニメなので、
一話ごとだと、序盤で見るのを止めてしまう人も多かったと思うのです。
事実、私もTV放映当時、あやうく視聴リストから外しかけましたからね…。
こうして一気に全部見るほうが、楽しめる人は多いのでは、と思いました。

感想ですが、
1~2話のいわゆる“つかみ”では、「ソーニャちゃんかわいい!」で始まり、やすなに関してはさほど関心が持てないのですが、
徐々に「やすなうざかわいい!」が強くなっていき、
3話の雨の中でやすながはしゃぐシーンで「やすなかわいい!!」の気持ちが一気に巻き起こり、
5話の海の話あたりになるとますます「やすなかわいい~はぁかわいい~~」になり、
そして後半に入り、文化祭話や釣り話あたりにくると「やすニャかわいい~もうこの二人がぷにぷにほにほに仲良くしていてくれれば他に何も要らない!」になり、
クリスマスの話あたりになると「どうしたらこの子らはつきあってくれるのだろうか…」と真剣に悩むに至り、
そして感動のラストでは、「やすニャ結婚しろ」と絶叫せずにはいられなくなるという…

うむ、このアニメは何とすばらしき、キルミスト養成プログラムであることか。

夏コミはキルミーでスペース申し込んでおり、
当然受かればまたキルミー本を出すので、
いいエネルギーチャージになりました!


Twitter
メールフォーム※ご連絡はこちらから(*の付いた項目は入力必須です。)
DLsiteで販売中の作品
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog